山猫エキセントリック

気の向くままに。(よく心の声が漏れます)

新卒入社して1年目だけど転職した話

スポンサーリンク

f:id:yamaneco555:20170730191112j:plain

私は新卒入社した会社を1年で辞めた。

入社した会社がちょいブラック企業だったからだ。

自分の中で今後働いていくことに耐えらないと思い、転職を決意した。
新卒で転職活動なんて上手くいくはずが無いという気持ちもあったが、それでも今の自分の環境を考えて転職活動をした。

この記事では、私自身の転職活動を始めてから内定をもらうまでことを書いていこうと思う。

 

 

新卒でブラック企業に入社してしまった

私は、新卒でちょいブラック企業に入社してしまった。


ブラック企業で働いている間、毎日のように「辞めたい」と思っていた。
私自身の根性がないと言ったらそうなのかもしれないけど、

自分の中で耐えらないことが沢山あり、上司から「死ねよ」と言われたことをきっかけに転職を決意。


働いて約1年で転職活動をすることにした。

 

↓ブラック企業での出来事はこちらのブログで長ったらしく記している。

yamaneco555.hatenablog.com

 

今、働くことに悩んでいる人がいて辞めたいと考えているのなら、よければ一度読んでみて欲しい。

 

転職の意思が固まった…しかし、何をすればいい?

転職をしようと決意した時、入社して1年が経とうとしていた。
3月頃の話だ。

 

転職する意思が固まったものの…
転職活動をどうやったらいいものか、あまり分からなかった。

そこでGoogleさんで転職方法を検索し、まずは転職サイトを登録しようと決めた。

 

私がはじめに登録したのは、「ハタラクティブ」というサイトだった。

ハタラクティブ|フリーター・既卒・第二新卒など若年層向け就職支援サイト

 

新卒や若者向けの転職サイトであると思ったため、今の自分にピッタリだと思った。

サイトを登録して、日が空かないうちにエージェントの人と直接面談をした。
そこで色々な求人を教えてもらったが…


正直ピンッとこなかった。

 

エージェントの人は親切ではあったが、持ち合わせている求人との相性が合わなかった。

さっそく転職しようと行動してみたものの、突然行き詰ってモチべーションが下がった。

 

次に、「UZUZ」という転職サイトに登録した。

既卒・第二新卒・フリーターの就活/転職サポート|株式会社UZUZ


こちらも若者向けへの求人を扱っており、私自身に合っていると思ったからだ。
登録するとすぐにケータイ電話に連絡が入った。

そのケータイ電話でお話をしながら、自分の希望職種や希望の条件などを話した結果…

「あまり条件に合うものがありません…」と答えが返ってきた。

 

というのも、私が希望していた職種は事務職で、

UZUZで取り扱っている求人は営業職といった職種が多いとのこと。

 

電話越しのお姉さんはほんとに感じよくて、熱心にこちらの気持ちを考えてくれた。

考えてくれたからこそ「条件が合う求人がない」とハッキリ言ってくれたと思う。
求人が無いのはともかく、UZUZのエージェントさんの質はとても素晴らしいと思えた。

 

とはいえ…自分の希望の求人には出会えず、

どうするかと途方に暮れていた時、身近で最近転職した先輩がいたことを思い出し、その人に相談することにした。

 

その先輩もなかなかブラックな企業に勤めていたから、

そこからどう転職活動をしたのか教えてもらうことにした。

 

先輩は快く私の相談に乗ってくれた。
ハタラクティブを利用したことを話すと、「絶対に大手の転職サイトがいい」と大手の転職サイトをすすめられた。


先輩曰く、大手は圧倒的に求人数が多く、選択肢も広がるからだ。

大手の中でも、下記3社を先輩にススメられた。

 

・リクナビNEXT

転職のそばに【リクナビNEXT】-希望の求人情報がみつかる転職サイト-


・マイナビ転職

転職はマイナビ転職-豊富な転職情報で支援する転職サイト


・DODA

転職ならDODA(デューダ) - 転職を成功に導く求人、転職情報が満載の転職サイト

 

私はこの中の「DODA」を登録することにした。理由は簡単。先輩が一番におすすめしてきたからだ。

 

DODAでは私の場合、直接エージェントの人と面談はしなかった。

全て電話でのやりとりとなった。たしか20時くらいまでは連絡とれた気がする。(もっととれたかもしれない)

 

登録後、最初に電話でやりとりしたのは、会社からちょっと離れたファミレスの外にあるベンチだった。

電話でやりとりできる時間が決まっていたため、会社を出て家に帰ってくる時間には、連絡が取れない時間になってしまうからだ。
屋根もあって人どおりが少なかったから、電話するには悪くない環境だった。

 

エージェントの人と話した内容は、

 

① 転職理由
② どういう業界・職種につきたいか
③ 今後の転職活動の流れ

 

簡潔にまとめるとこんな感じだ。

 

まとめると少ないが、結構私自身のことについて親身になって話を引き出してくれた。
その電話で、私の目指す業界・職種をしぼり、今後私に合いそうな求人を送ってくれるとのことだった。

 

そして求人を応募するには「WEB履歴書」が必要とのことで、こちらはなるべく早くに提出するが必要だった。

履歴書は新卒の就活の時に散々書いてきたが、まさかこんな早く書く機会がくるなんて…と思いつつ、このブラック企業での1年の経験を詰めこんだ。


その履歴書を眺めながら、新卒時に書いた履歴書が糞みたいな内容だったなと鼻で笑っていた。

ブラック企業で働いてることは辛いけど、ちょっとは成長したと思った。

 

求人が溢れ出ていてチェックが追いつかない

WEB履歴書が完成したため、エージェントさんに送った。

 

添削でどれだけ直されるだろうか…と思ったものの、

その後電話がきて「これでいいと思います」と返事を貰えた。

 

まさかの1回目でOK。

 

ちょっと自分に自信ついたが、今思えば直せるところもっとあったんじゃないかって思う。笑


エージェントさんは忙しいから、1人1人をちゃんと見ることはできないよなぁと思う。

WEB履歴書を作成している時から、エージェントさんの送ってくる求人はチェックしていた。

 

事務職は人気職なので、とにかく応募しまくって面接にこじつけないと選ぶ選択肢もなくなると言われた。

次々からくる求人、全部に応募する勢いでと言われたが…

 

求人数が多すぎてチェックできない!!

 

条件が納得できなかったり、明らかに口コミが悪い企業は応募をしないと決めていた。


しかし、それを調べるのには少し時間がかかる上に、次々とやってくる求人の業務内容をチェックするのでさえ大変だった。

DODA以外にも、他の転職サイトに掲載されている求人はチェックしていたし、あの時は頭パンクしそうになった。

 

よく、2つのサイトに登録して、色んな求人を確認した方がいいというけど、言いたいことは最もだが私のような不器用な人には難しかった。

今思えば、もっと条件を絞って他サイトも登録して転職したらよかったと思っている。

 

病欠以外で初めて有休をとった

求人に応募をして書類選考が落ちてを少し繰り返していた頃、1件選考を通過した。

正直そこまで乗り気な会社ではなかったが、「練習がてら面接いってくるか」というノリで面接をすることにした。

面接の日程の調整・連絡などは、エージェントさんが企業としてくれる。企業とわざわざ連絡とらなくていいのは気楽だった。

 

面接時間だが…当然、平日の就業時間内での案内であった。


会社休まないといけない…。

 

これは自分の中で重荷であった。(毎日休みたかったけど)
先輩と糞上司に休むことを伝えなくてはならないからだ。

しかし、無断欠勤するわけにはいかないし、面接の日時が決まり、勤務時間が定時を過ぎて仕事が少し落ち着いた頃…

ちょうど先輩と糞上司が揃っていたので、伝えることにした。


「〇〇日の午後お休みいただきます。」


糞上司は休みをとることに関しては何故か寛容的で、すぐ了承してもらえた。(何でか突然いい上司の振りをしてきた)

 

先輩は私の少しの異変を察したのか、目をきょろきょろさせながらカレンダーを確認した。
先輩がきょろきょろしたのは、私が転職活動をしていると直感的に感じたからだと思う。


私は病欠以外で有休を使ったことがなかったし、転職するのが当たり前のような職場だったから、そう思うのも仕方なかった。

その後、先輩から特に何もツッコまれなかったが、転職活動をすることが先輩を裏切るような気がして…少し心苦しかった。

 

いざ、一次面接

そして、面接の日はすぐにやってきた。病欠以外で初めて有休をとり、久しぶりにスーツを着て面接会場へと向かった。

 

私は久しぶりの面接でめちゃくちゃ緊張していた。

 

面接での質問はいたって普通の内容だった。

「自分を色で表すと何色ですか?」みたいな変化球の質問はされなかった。笑

 

特に根ほり葉ほり聞かれたのは「何故1年で転職をしようと思ったのか」だった。

 

当然だけど、1年で会社を辞めるのは世間的にかなり早い!!!

 

よく「石の上にも3年」なんて言葉あるけど、3年働いたって世間からみたらひよっこ。(もちろんこの辺は環境や能力で変わってくるけど)

 

「何で何で何で」と繰り返されるように聞かれ、建前で用意していた理由では納得してもらえなかったため、本当の理由を話した。
するとやっと納得して貰えたため、最初から本音を話しておけばよかったとちょっと後悔した。

 

面接が終わり、自分が思っていたより良い企業でもう少し準備しておけばよかったとまた後悔。
まぁ、いい勉強だったと思い次また頑張ろうと思っていたが、一次面接の通過の連絡がきた。

少し自分に自信がついた。笑

 

その後、エージェントさんから今選考中の企業が本命でなければ、求人応募をしまくることと指導を受けた。
全部応募する勢いでまたと言われたが、私はいう事をきかなかった。笑


自分が納得できる条件でなかったり、自分で調べた口コミが明らかに悪かったりしたら応募をしなかった。

 

当初エージェントさんからは40件応募をして1社内定もらえると言われたが、
私は「そんなことないべ」と思いながら応募をしていた。

というのも、入社しやすいブラック企業が紛れているのには変わりないと思っていたからだ。

 

もちろんそんな所は避けるべきだが、面接練習のために応募した。笑
実際ブラック企業っぽいところに応募して履歴書が通ったし、面接もした。
(ちなみにその企業は面接で私の名前をずっと間違えて呼んできた。一番最初に間違われた時に訂正したが、それ以降も間違われたので面倒になってほっといた。ここは内定もらっても絶対行かないと思った。笑)

 

応募したのは20件もいかなかったが、そのうち面接までいけたのは2件だった。
どちらも最終面接までいった。

なので、エージェントさんの言う事は鵜呑みしなくていいと思った。笑

 

最終面接…そして内定

一次選考を通過し、次は最終面接。そこで働く働かないにしろ、経験として受けてみるかとまた軽いノリで面接を受けることにした。笑

また頑張って有休をとり、最終面接へ臨んだ。


最終面接はほとんど一次面接での内容確認くらいだった。


ていうか、何故か分からないけど採用を前向きに検討されていた。笑

面接中も私がリラックスできるよう、気を遣ってくれた。(役員っぽい人が少し怖かったけど…笑)

 

一次面接ほど根ほり葉ほり聞かれず、面接もすぐ終わった。

最終面接ってこんなに簡単に終わるものなのか…。と、
もしここから内定もらったらどうするのかと帰り道を歩きながらずっと考えていた。

 

そして、エージェントさんから連絡がきて、かなり好印象で内定もほぼほぼ決まりという連絡をもらった。
その話を聞いて素直に嬉しいと思った。それと同時に、


あれ、内定もらうのってこんなに簡単なの???


まだ内定を貰えるとその時点で確定したわけではないけど、
内定もらうのって自分が思っていたよりも難しくないと思った。


後日その企業から内定通知書をいただき、いよいよ自分がこの企業に転職するかどうか、答えを出さなくてはならなくなった。


正直、めちゃくちゃ悩んだ。


お腹痛くなるくらい悩んだ。
悩んで悩んで悩んで、私の背中を押してくれたのはエージェントさんだった。

 

「あなたの現職のお話を聞くと、内定貰った企業の方が条件・環境ともにいいと思います。

確かに次の職場の環境がいいか悪いかは実際に働いてみないと分からないです。

ですが、私も今の職を3年後5年後続けているかなんて分からないですし、

ずっとそこで働いていくと考えずに、まずは環境を変えて働いてみてはいかがでしょうか。」


私は酷い環境で働いているあまり、「転職してもっと人間関係が悪かったらどうしよう。」そんなことばかり考えていた。


そんな私に対して、エージェントさんの言葉は一歩踏み出す勇気をくれた。

もしかしたら、エージェントさんのノルマを達成するために並べられた言葉だったかもしれない。
けれど、電話越しで話す声・言葉は全く嘘を感じられなかった。


そして、背中を押された私は、内定を受諾する決意をした。

 

働いていくことはどの道大変だけど…

転職活動をして思ったことは、働いて1年目でも、内定を貰う事自体は難しくないということ。

 

しかし内定もらえたとしても、そこがブラック企業かもしれないし、
または労働条件はいいけど、人間関係は最悪かもしれない。

こればかりは入ってみないと分からない。(正直、運ゲーだと思う。)

 

けれど、どの道どこで働こうが大なり小なり大変なことはある。

転職活動をするなら、自分がどのようにして働いていきたいか、何だったら我慢できるのかを分析し、現職を辞める理由をしっかり言えるようにならないと、成功させるのは難しいかもしれない。


ちなみに私の場合、転職先で実際に働いてみて、前の職場より条件・環境ともに良いと感じることができた。

転職して良かったかどうかを正直に答えると、

 

心の底から転職して良かったと思う。(もちろんもっといい条件・環境の企業はあるけれど。笑)


今、新卒入社した会社がブラック企業で働くのが辛い・苦しいと思っている人がいたら「転職」を視野に入れてみて欲しい。


新卒で転職したって大丈夫。なんなら仕事突然辞めたって案外どうにかなる。


働いていくのはどの道大変かもしれないけど、
居場所はそこだけじゃない。たくさんあるから。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【前記事】

yamaneco555.hatenablog.com