山猫エキセントリック

気の向くままに。(よく心の声が漏れます)

働いて1年で転職したときの周りの反応

スポンサーリンク

f:id:yamaneco555:20170819191943j:plain

私は、新卒で入った会社を約1年で転職した。

この転職に関して間違えだと思ったことは一切ない。

今働いている企業がブラック企業で、転職を考えている人がいたら、実行することをススメる。

 

しかし、私のように働いて1年程度で辞めるとなると、気になるのが周りの反応だ。

 

1年だけ働いて辞めるということ

まず、会社を1年で働いて辞めるということは、世間からするとめちゃくちゃ早い。

転職活動する上でも、「何故1年しか働いていないのに転職するのか?」ということは聞かれることを覚悟しておくべきだ。というか、必ず聞かれる。

当然、周りにも「1年働いて転職した」なんて話せば、興味深々に根ほり葉ほり話を聞かれるだろう。

そんな様々な反応が転職活動をしている自分に待ち受けている。

 

親の反応

気になるのはまずは親の反応だ。

私は、親の反応を気にしていたので、親に転職をする話を伝えたのは転職活動を終えた後であった。

 

私自身、1年で仕事を辞めることに負い目を感じていて「転職しようかどうか」という悩みを伝えたところで、「もう少し今の会社で頑張りなさい」と言われるのが落ちだと思ったからだ。(今思えば、事情をちゃんと説明したら応援してくれたと思う)

 

「転職するから」と伝えた時、母はちょっと心配そうにしていたがすぐに応援してくれた。

父は同じ会社でずっと働いてきた人だから、なんて言われるだろうかと内心不安であった。しかし、父は私に励ましの言葉をくれた。その時かけてくれた父の言葉を今でも忘れられない。

 

「○○(私の名前)が自分自身で決めたことなら、間違っていることはないと思うから、次のところでも頑張りなさい。」

 

うん、泣きそうになった。笑

 

この言葉を信じて、前向きに次も頑張ろうと思うことができた。

 

結果、父も母も転職を前向きに考えてくれた。

あなたの親が今まで支えてくれるような存在だったら、転職をする際も必ず支えてくれるはずだ。

 

同期の反応

私の会社は転職することが「普通」の会社だったので、常日頃から「転職」に関して同期と話していた。

「転職したい」というのが周りの口癖であったし、それを言っても許される環境だった。笑

 

なので、転職活動をしていることも仲の良い同期には話していた。

当然、仲が良かったので転職活動を応援してくれた。その反面、寂しそうにされたが、仲良ければ友達として会うことができるので、私自身は寂しい気持ちはなかった。笑

 

転職が決まったとき、泣いてくれた同期もいて、ブラック企業だけど同期だけには恵まれたと、そこだけは会社を感謝した。笑

 

ブラック企業の社員だったとしても、友達として仲良しな人や信頼できる人なら、話せば応援してくれるし、私は転職した後もその人達は大切な存在である。

逆にあまり他の社員との人間関係が仲良くなければ話す必要はないと思う。

 

上司の反応

一番気になるのは上司の反応かもしれない。上司が原因で会社を辞めるとしたら、特に気になるだろう。

私も上司が一番の理由で会社を辞めた。

 

転職する際、その上司に退職することを伝えなくてはならない。

これ言い出すまでが辛かった。

「転職します」と伝えたら糞上司に罵倒されるに違いないと思ったからだ。

 

しかし、上司の反応は予想外のもので、転職のことを伝えたところ…「よかったな。次の会社でも頑張れよ。」と、応援の言葉をくれた。

 

正直、意味のわからない優しさにとまどってしまったが、あっさり話が終わったのでよかった。

 

それよりも、糞上司の上司に伝えた時の方が酷かった。

 

「1年間、何の役にも立たなかったけど、まぁ次の会社でも頑張ってよ。」と言われた。

 

常日頃、糞上司から酷いことばかり言われていたし、その時は転職することが嬉しくて何も思わなかったけど、今思うと皮肉だったんだろうと思う。笑

それでも、それ以上のことは何も言ってこなかったから、別に害はなかった。

 

友達の反応

友達には、わざわざ自分から転職したと報告することはなかった。

会った時に「転職した」と話をして、根ほり葉ほり聞かれた。

 

「何で転職したのか。どうやって転職したのか。今の会社は。」と久しぶりになればなるほどネタがつきないものである。

 

これは友達自身も転職したい気持ちがあって聞いてくる。

ちょっと面倒だと思うこともあるけど、最終的には「偉いね」「頑張ったね」と言ってくれる。

別に転職に偉いも何もないのだけれど。笑

 

しかし、応援してくれる友達というのは、やはり大切な存在である。

 

色々な反応があるけれど、最終的に応援してくれる人を大切に

転職することに関して、色々な反応があると思う。

 

私も表だって言われていなくても、「1年で辞めるのかよ」と裏で色んな人に言われていたと思う。

 

しかし、自分の信頼できる人だったら、事情を説明すれば最終的には応援してくれる。

 

もちろん冷たく言うと他人事ではあるから、転職自体は自分でどうにかしないといけないし、転職後も自分でどうにかしていかなければいけない。

だからこそ、応援してくれる人の言葉だけに耳をかたむけよう。

 

悪いように言う人の言葉なんて無視だ。その人は狭い世界しか知らないから。

 

最終的に応援しくれる人は、今後の人生も支えてくれる大切な存在。

そういう人達の言葉を大切にしていった方が、自分にとって大きなプラスになる。

 

だから、ブラック企業で働いていて転職したいけど、周りの反応を気にしてしまう人がいたら、思い切って踏み出して欲しい。

あなたを応援してくれる人が必ずいるはずだから。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


【前記事】

www.yamaneco-eccentric.com