山猫エキセントリック

気の向くままに。(よく心の声が漏れます)

辛い時、辛いと言えたらいいのになぁ

スポンサーリンク

f:id:yamaneco555:20170823204346j:plain

辛い時 辛いと言えたらいいのになぁ

 

これはAqua Timez「決意の朝に」のサビ部分の歌詞である。

「決意の朝に」は、2006年7月に公開された、映画「ブレイブ・ストーリー」の主題歌であった。

当時私は学生で、この曲を何度も耳にして口ずさんでいた。懐かしくて学生時代を思い出すとても良い曲である。

 

突然この歌詞が思い浮かんで口ずさんだわけではなく、本日ブレイブ・ストーリーをDVD観賞した影響だ。

そして、この歌詞が今の自分の状況と重なる部分があって、「辛い」と素直に言えたらいいのにと、まさに思っている。

 

辛い時、辛いと素直に言えるということ

 

辛い時に素直に「辛い」と伝えることは、人によってとても難しいことである。

 

私は、辛いことがあると自分の中だけに閉じ込めて考えてしまうタイプで、素直に「辛いから助けてください」と周りに助けを求めることができなかった。

そうなると、「辛い」という気持ちは溜まっていく一方で、知らないうちに自分の中で膨大な大きさへと変わっていく。

 

その膨大な大きさへと変わった「辛い」気持ちが、ある日突然爆発してしまったことがある。

 

その結果、色々と大変だった。笑

だから、あの時「辛い」と言えたらと、この歌詞を耳にして思うのである。

 

素直に「辛い」と言える人は、きっと強い人なんだろうなって思う。

私のように弱い奴は「辛い」と発言することすら怖くて、臆病になって自分の中に閉じこもってしまう。

 

だから、辛い時に辛いと言えるような強い人になれたらなぁって、そんな人たちに憧れている。

 

運命を受け入れる勇気

このAqua Timezの「決意の朝に」が主題歌の、映画「ブレイブストーリー」もまた、自分の中で響く作品であった。

 

主人公の頼りない亘(ワタル)が、冒険を経て成長をする。

最初は自分自身の運命を変えるためにした冒険だったが、最終的には自分の運命を受け入れるほどの勇気を持つ。

 

その姿をみながら、私自身も運命を受け入れる勇気が必要だと思った。

 

運命って大げさな言い方かもしれないけど、まさに生きている「今」の状況を受け入れたくない時ってある。

そんな時に、「運命を受け入れる勇気」というものがあれば強くなれただろう。楽になれるだろう。

 

私も辛い時に辛いと言う勇気が欲しい。

辛い思いをしている自分に嘘を付かず、そんな自分を受け入れて「辛い」って周りに伝えられる、そんな勇気が欲しい。

 

辛い時、辛いと言おう

「辛い」時、辛いと言う「勇気」を持てたらなぁ。

この曲を聴いて、映画を観て思った。

 

だけど、それは難しいことだ。

罵倒されるかもしれない、拒絶されるかもしれない。

必ずしも伝えた相手が受け入れてくれるとは限らないから。

 

でも、人は伝えないと伝わらない。

何も言わなきゃ伝わらない。

「気づいて欲しい」と思ったって、察し能力が高い人とかが近くにいたりしないと気づいてもらえない。

 

だから、今「辛い」と思っている人がいたら、家族や身近にいる親しい人に「辛い」と言って欲しい。

思い通りの応えは返ってこないかもしれないけど、解決しないかもしれないけど、きっと言うと言わないでは状況が変わってくると思うから。

 

決意の朝に

Aqua Timezの「決意の朝に」という曲は、サビ以外もとても良い曲だ。

久々に聴いて、その歌詞に涙が流れた。そして、自分を勇気づけてくれた。

今、辛いな~って思っている人がいたら、是非聴いてみて欲しい。

きっと勇気づけられる。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


【前記事】

www.yamaneco-eccentric.com