山猫エキセントリック

気の向くままに。(よく心の声が漏れます)

女性の転職!事務職へ転職するには【第二新卒・20代向け】

スポンサーリンク

f:id:yamaneco555:20170903203717j:plain

今日、女性の間では事務職という職種が人気だ。

事務職というと、お客様とのやりとりも電話越しだけで、室内で事務処理を行うという点で、販売職や肉体労働と比べて「楽」なイメージがある。(実際そうでもないけど)

 

そんな人気職の事務職だが、人気だからこそ「事務職に転職は難しい」と思われやすい。

事実、私が新卒で転職活動をしているとき、「事務職に転職したい」と転職エージェントに相談したところ、「40社受けて1社内定をもらえる」と言われた。

 

やはり、それほど事務職への転職は難しいのか?

 

私は、新卒で入社した会社を、働いて1年で事務職へ転職をした。

そのため、第二新卒・20代女性向けというくくりで、事務職への転職について書いていきたいと思う。

 

  

事務と言っても様々

当然だが、事務と一括りに言っても様々だ。

コールセンターのように、たくさん電話にでるのも事務だし。

ひたすら入力作業のみを行うのも事務だ。

 

私は新卒で入った会社で営業事務を経験したが、電話は沢山とらなくてはならなかったし、会社指定のソフトで見積作成などの事務処理も沢山やった。

逆に同じ会社だった経理部や総務部の子は、私よりも電話をとる機会は多くなかったが、事務的な作業をすることが多かった。

 

事務といっても募集される職種によって様々なので、自分のスキルがどの事務に活かせるのか。

または、どのような事務作業をしたいのかを明確にしながら転職活動を進めていくべきだ。

 

契約社員を視野に入れる

正社員でしぼって転職活動をしている人もいるかもしれないが、是非、契約社員も視野に入れて欲しい。

というのも、正社員として事務職に就職するのはそれ相応にハードルが高い。

誰しもが正社員の事務職に応募するから、当然競争率も高くなる。

事務職自体が人気なので、人気な中で正社員という枠を勝ち取るのは難しいところがある。

 

そこで、契約社員という選択肢がある。

契約社員なんて不安定だと思われがちだが、企業によっては正社員と同じくらいの待遇を受けられる所もある。

そして、そういった企業は正員登用制度が整っている場合が多いので、契約社員から正社員になることも可能である。

 

いきなり正社員を目指すのではなく、契約社員→正社員と順を追って目指していけば、最終的に正社員になることも可能だ。

但し、こういった企業をみつけるのは中々難しいので、転職エージェントなどを利用して探していくといい。

 

事務経験が全くない場合どうするか

まず、転職する上で転職しやすいかどうかの基準として「事務の経験があるかどうか」がある。

当然、経験がある方が転職しやすい。

そして、経験があればあるで、どのような事務作業を行っていたかどうかが、採用する際に重視される。

 

しかし、事務経験が全くない。そんな人もいるはずだ。

事務経験がないとやはり転職は厳しいのか?企業にとって需要がないのか?

色々と不安視するかもしれないが…

 

そこで諦めてはならない。

 

たしかに、事務経験がある人と比べたらハンデがあるが、事務経験の無い人を雇うメリットも少なからずある。

それは、「会社色に染められる」という点である。

先ほど、事務にも色々な仕事があると述べたが、かえって知識があるよりは、無い方が会社のやり方に合わせやすい。

会社としても、素直に教えた通りやってくれる方がやりやすい。

これは、事務経験が浅い立場で転職を考えている人にも同じことがいえる。

経験がないから…経験が浅いからで諦めるのではなく、前向きにやる気をあるアピールをすることが事務職への転職に繋がると思う。

 

取れたら資格は取ろう

とはいえ、事務経験無しの場合だと、事務職に転職はハードルが高いと思うし、転職できたとしても慣れない事務作業でてこずることだろう。

やる気をアピールするため、また、その後のことも考えて資格取得も視野に入れよう。

 

  • タイピング検定

タイピングが速くて損は全くない。

むしろタイピングが全くできないPCド初心者となると、教える企業側も大変だ。笑

検定をわざわざとる必要はないし、無料ソフトの練習で充分だが、挑戦する価値はある。

↓ちなみに、おススメのタイピング無料ソフト

美佳のタイプトレーナのホームページ

 

  • MOS(マイクロソフト オフィススペシャリスト)

MOS(モス)という資格は、結構耳にすることが多い。

多くの企業はマイクロソフトオフィスを使用しているため、持っているとアピールに繋がる。

エクセルとワードは使用する機会が多いので、最低限でもスペシャリストレベルの知識は欲しい。

(ちなみにPC苦手な知り合いでもスペシャリストは簡単にとれたみたいなので、エキスパートレベルを持っていないと、企業によってはアピールにならないかもしれない。笑)

 

  • 簿記(日商簿記検定)

これは経理職向けの資格だ。経理職に転職したいと言うなら、やはり簿記は必要最低限の知識である。とれるなら2級欲しいところだ。

 

あくまでも資格は経験あってのものなので、実務経験がある場合は、資格のアピールよりもどのような実務を行っていたかをアピールできるようにしよう。

事務経験の無い人は、資格をとって事務職で頑張りたいということをアピールしよう。

 

実際に事務職への転職を経験してみて

実際に事務職への転職を経験してみて…

転職自体は「そんなに難しくない」と思った。

 

私は新卒で入った会社で事務経験があったので、そのおかげもあるかもしれないけれど、経験があるといっても1年だけだ。

たった1年だけの経験で、20社も受けないで最終面接を2社いき、1社から内定をいただいた。(もう1社は最終面接を辞退した)

 

転職エージェントさんに言われた「40社受けて1社内定」は嘘だと思った。笑

 

転職中、自分の中で一番の武器になったのは、「若さ」である。

 

「事務経験浅いけど(もしくは無いけど)、御社で成長していきたいんです。頑張りたいんです。」

 

ということ上手くアピールすることができれば、企業側にも魅力的な人材と思ってもらえるだろう。

そしてそんな魅力は若いほど伝わりやすいと思う。

20代女性が事務職へ転職するなら、やはり若さはアピールして損はない。

 

最後に、転職において最も重要なこと

私の中で、転職する時に最も大事なことは「何故転職したいのか」ということを明確にすることである。

これは転職するのが事務職だけでなく、どの職種であっても同じだ。

 

何故転職したいのかを明確にしないと、面接で質問されたときに躓いてしまう。

私は転職したい理由が明確であったため、質問をされたときもスラスラと答えることができたし、面接官の人も納得してくれた。

 

今現在、なんとなく事務職へ転職したいと思っている人がいたら、「何故転職したい」のか改めて考えて理由を明確にしてみるといい。

明確にしてみると、もうちょっと頑張ろうかと思えるし、逆に転職しようと決意することにも繋がる。

 そして、決意できたのなら、経験の有無関係無く、事務職への転職の道はそう遠くはならないだろう。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


【おススメ記事】

www.yamaneco-eccentric.com